スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学生編

小さな頃から算数が好きでした、両親の貯金箱に入っている小銭を計算しては報告したりする変わった子供だったかもしれません。
本当は計算が出来ることを褒められたかっただけかもしれませんが。

小学2年生から高校3年生まではサッカー部所属していまえしたが、高校生の時に運命が変わります。
初めてパチンコと出会ってしまったのです。
同じクラスの男子が誘って来たのがキッカケでした。

初めて打った機種は忘れてしまいましたが、ブラボーキングダムは印象に残っています。
なんと攻略法というものが存在していたのです。
これを使いこなせば何連チャンもして、大量の出玉を得ることが出来たことには衝撃を覚えました。
しかし、当時の私では使いこなすことが出来ずに儲けることは出来ませんでした。

その後はブラボーミリオンのよく連チャンする台や、黄門ちゃまでエラーをさせて連チャンさせたりと攻略法まがいのことよくやっていました。
しかし、収支のほうは大した稼ぎはありませんでした。

大学に進むとさらにのめりこんで行きます。
この頃はモーニングと言って朝一にパチスロには大当たりが仕込んでありましたので、これを目当てに朝から店の前に並んだことをよく覚えています。

その後、クランキーコンドルという台に出会いました。
これは衝撃的で、ハズシという技術介入することで理論上は必ず勝つことが出来たのです。
これにはハマリました、当時はなかなかハズシをする人がいなかったためにほぼ毎日、勝つことができ、車も買ってしまたのです。学生にしては信じられないような収入でした。

パチスロの技術介入をみんなが行うようになると、段々と渋い状況になり次の方法を考えなければならなくなりました。

そこで、パチスロからパチンコへ軸足をシフトし、ひたすらに回る台を打ったのです。
パチンコ雑誌を買い漁り、大当たりの確率や出玉からボーダーラインや期待値を計算して打ちまくりました。
特にニューロードスターやミサイル7-7-6Dなど一般大衆向けではない機種は特にお気に入りでかなりの額を儲けました。

大学時代は月平均18日180時間稼働で35万位の儲けで、月間収支で一度もマイナスになったことありませんでした。
ほとんどサラリーマン並みにパチンコ店に通っていたのですが、大学はなんとか4年で卒業しその後は就職したことは奇跡だと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。