スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資成績(2015/08/14)

2015/08/10、▲2,250円
2015/08/11、トレードなし
2015/08/12、+10,250円
2015/08/13、+72,300円
2015/08/14、+342,720円
2015/08/08~2015/08/14、+285,611円
2015/08/01~2015/08/14、+348,952円
2015/01/01~2015/08/14、+6,294,325円

いや~、負けなくて良かった。少しでも勝っていると精神的に安定し、それが良い方向に行くのは確かであるので、負けないことは非常に重要なことだと私は思っています。

海外勢は夏休み、日本はお盆の週ということでいつもと違う人がトレードしているのでしょうか?そこに中国によるサプライズの元の切り下げがあり、ちょっと遅れて日経平均は下げに転じたが、初日は何が起きているかよく分からずに様子見に徹してしまった。
次の日はなんと2日連続での元の切り下げ、10時15分から1分位は何もなかったかのように上げて行ったが、そこからはひたすら右肩下がりとなり、夜間取引で20,040円まで下げていたので、逆張りで突っ込む予定でしたが朝起きたらなんとNYはプラテンしており、日経平均も旨みのないところまで戻していたのでガッカリでした。
3日目ともなると10時15分プレーを大勢の人が意識し、たったの2.3分で200円以上の下落を演出したが、そこからあっという間に戻して行き、あれに乗れなかったのトレーダーとして失格です。
金曜日はミニSQの関係か日経平均の寄与度が高い銘柄の気配値が異常に安かったため、寄りで勝負をしそこは上手く取れました。

先物では42万円ほど勝っているのに、週間では28万円しか利益が出ていません。この差は下手くそな株のデイトレが原因です。
どうしたら勝てるようになれるかを考えてみたのですが、先物と同じように寄りや急騰急落しか手を出さないとの結論に達しました。私のような下手くそが天才たちがひしめくザラバで勝負をしても勝てないのは明白なのに、欲に目がくらみ手を出すこと自体が間違いなのです。
しかし、これで問題が解決したわけではありません。私のメインは先物トレードでさらに寄り付近はもっとも集中してトレードしており、他に気を回す余裕はないからです。さらにこれを解決するにはシステムトレードやザラバの決算発表くらいでしょうか?今後も多くの失敗をし、損失も計上するでしょうが、生き残って新たな手法を探って行きたいと思います。

注)先物以外にも少し取引をしていますので、日々の損益を足しても週間・年間損益とは一致しません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。