スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税務署からのお尋ね

先日、税務署から個人の確定申告について、書類の提出を求められました。

私は以前、会計事務所に10年ほど勤めていましたが、そこでは個人に対する調査など年に1件あるかないかだったのに、まさか私自身に来るとは思っていませんでした。
まあ、医療費控除200万円、小規模企業共済84万円、401K27万円、それに寄付金控除まであれば資料をチェックしてみようと思う税務署員の気持ちも分からなくありません。電子申告になり、資料の提出が省略出来るようになったのが原因ですが。

そこで、これ以上の詮索され、本格的な調査を避けたいと思った私はある戦略を立てました。それはイメージ戦略です。
会計事務所で調査に立ち会った時の経験をフル活用して、相手が確認したいと思っているところをあえてオープンにし、見やすい資料を作成して提出しました。さらにここで時間を掛けてはいけません。すぐに提出するのです。
私はお尋ねがあった次の日には税務署に対して資料を送付しました。こうすることによって相手は『あ~、この人はきちんとしている人だから調査してもムダだな~』って思ってくれます。
税務署員だってヒマではありませんので、税金が取れそうなところにしか調査には行かないのです。

まじめに申告している人は何かあった場合は積極的に協力してあげたほうがよいでしょう。そうすることによって彼らの手間は省け、悪質なところに時間を掛けられるようになるのです。
面倒だと思ってもそうすることによって、ちょろまかしている人から税金を回収出来ることを私は望みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。